詳細解説(Q&A)


タブ スペーサー 更に詳しく知りたい方 編

質問をクリックしていただくと、答えをご覧いただけます。

インターネットのセキュリティにとっては暗号通信やファイアウォールの方が大切なのではないですか?
ニーモニック認証は個人認証技術と紹介されていますが、これはユーザー認証と同じことなのですか?
記憶認証以外の個人認証技術にはどんなものがありますか?
セキュリティ・パラドックスの具体例を教えてください
ニーモニック認証といえども記憶認証の一種なのだから、セキュリティ・パラドックスを免れることはできないのではないですか?
なぜ認知心理学に立脚した認証方式といえるのですか?
指紋照合の精度は今後ますます高くなっていき、実用上問題のないレベルになると予想されます。何も覚える必要のない方法の方が便利だと思うのですが?
シンボルを1個覚えるだけで済ませたいのですが?
個人認証技術の人間的・社会的側面についての考え方は?
数学的強度はどう考えればよいですか?
80ビット級の暗号鍵を記憶から作ることが出来るとは信じられないのですが?
他の非文字記憶認証に対する評価は?
画像パスワードを使うとフィッシングに対抗できるのですか?
「絵文字パスワードは随分昔から知られていたが普及しなかった技術だ。だから絵文字パスワードと同じ範疇に入るニーモニックガードも駄目だ。」という人がいますが?
オリジナル認証画面の作成・登録が面倒では?
PCを扱えない高齢者などにはオリジナル認証画面の自作などできないが?
ニーモニックガードがフィッシングを排除する理由がよく判らないが?
スパイウェアには対しては文字パスワードと同じですか?
セキュリティ業界では同じように使う人も多いのですが、「識別」と「認証」は全く違うのですね?
「いたちごっこ」ではない「原理的な安全性」とは何のこと?


戻る
トラブルシューティング 編 基本編 上級編