詳細解説(Q&A)


基本編

ニーモニック認証とはどういう技術ですか?
ボーダー

A. ニーモニック認証は本人確認のために当の本人の記憶内容を最大限活用する記憶認証技術です。絵や写真や漢字などを照合データ(パスシンボルと呼ぶ)に使います。英数字のような抽象的な対象を想い出すのを記憶の再生といい、見覚えのあるものの中から自分にとって意味のあるものを見つけ出すのを記憶の再認といいます。
この視覚的な記憶再認の能力を活用し、さらに本人のおかしやすい間違いとおかすはずのない間違いを区別する他人自動判定機能、昔の楽しい想い出などの長期記憶の活用、脅迫された時に脅迫者に気づかれずに管理者に異常を知らせる異常事態通報機能などを統合してセキュリティと使い勝手を向上させたものがニーモニック認証です。


戻る